2013.02.28 Thursday 19:08

そうじきのこと。


ひさびさに家電を買いました。





マキタの充電式クリーナー。


ショッピングセンターのそうじや、作業現場などでよく使われている、コードレスの掃除機です。


掃除機のコードがいまいましくてしかたのない私は、ずっとコイツにあこがれていました。


軽そう、楽そう。



仕事場の上司とホームセンターに行ったときに、


「好きなものを買ってやる!」


と言われて、私はすかさず「これ!」とマキタの掃除機を指差しました。


仕事場で使ってみたら絶好調。


壁にフックでひっかけておき、ゴミやホコリが気になったら、ひょいと手に取り、シュインと吸い込む。


ヘッドが小さいので家具の隙間や棚の下にもスイスイ入ります。


自宅の掃除機もこわれかけていたので、いきおい、同じものをネットで購入。


マキタくんがやってきて、我が家からホコリが消えました。



マキタくんとの同棲生活がはじまってすぐのころ。



とあるショッピングセンターでトイレに入り、洗った手をブオーッと乾かしていると、すぐ横の掃除道具入れの前で、2人の女性がなにやら話をしています。


そうじのおばちゃんと、買い物客の年配の奥様。



奥様「その掃除機、なんていうの? ほしいのよ、それ」


おばちゃん「ああーこれですか。え〜と、なんていうんだろう」


思わず身を乗り出しました。


私「マキタですよ!」


奥様「マキタ?」


おばちゃん「あ、ほんとだ。マキタって書いてある」


私「マキタのコードレスクリーナー。私、持ってますよ」


奥様「あら、そう。最近手が悪くなってねぇ、掃除機が重くて仕方がないから、こういうのいいなぁと思って」


私「らくですよー。充電もけっこう持ちますし」


奥様「どこで売っているの?」


私「ホームセンターや、インターネットでも売ってますよ」


奥様「となりのホームセンターにあるからしら」


私「在庫はわかりませんけどね。マキタの掃除機って言えば、ホームセンターの人ならすぐに分かると思いますよ」


奥様「掃除機って出すのがおっくうなのよねぇ」


私「これだったら手軽ですもんねー」


掃除道具入れの前で話し込む女は、3人になっていました。



友人の家にあるマキタの掃除機は、赤。


赤マキタ。


「かわいいねぇ。便利よねぇ。意外と強いしねぇ」


見るたびに盛り上がります。




女たちはいつだって、アンタの話でもちきりだよ。


モテモテだね、マキタくん。


  • - | - | - | - |

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.