2013.04.08 Monday 14:18

ソーセージのコト。

何時に起きて、何時に仕事にでかけ、何時に帰ってきて、何時に寝る。

そういった規則正しい生活とは、ほぼ無縁の状態でくらしています。

そうしたくてそうなったんだから、万々歳、ではあるんですが、困るのは、いつ自宅で食事をとれるかわからず、食材がストックできないコト。


野菜で多めに買って許されるのは、玉ねぎくらい。

基本的には、食べるときに食べるぶんだけ。

気が大きくなってキャベツ一玉なんて買ってしまうと、味わうというよりも、「食べ尽くす」「やっつける」という目的で台所に立つはめに。


お肉は、ベーコンや豚肉をたまに買ってきて、小分けにして冷凍。

なんてのをごくたまに気が向いたときに。

気が向かなけりゃなにもなし。


そんな貧相な我が家の冷蔵庫に、最近になって、新レギュラーが加わりました。

よく知っていたのにこれまで完全にスルーしていた食材が、ある時たまたま目にとまり、これだ!と飛びついたのです。


なつかしいそいつは、魚肉ソーセージ。


魚肉ソーセージは、今でもあのオレンジ色のビニールにつつまれていました。

「ヘルシー」なんていうキャッチコピーをぶらさげて。


たとえば、朝ごはん。

生でそのままサラダにそえて。

焼いて目玉焼きをとなりにおけば、ベーコンエッグならぬ、「魚肉ソーセージエッグ」。

焼いたのを卵でとじでもよろしい。


昼ごはん。

野菜いために。やきそばに。


夜のおつまみ。

スライスして生のまま、マヨネーズ&マスタードをつけて。

焼いて黒こしょうをふってちょっぴり大人の味に。


こいつ、万能じゃないか!


こんなすばらしい食材を、どうして今まで使っていなかったのか。


それはきっと、こどものころのイメージのせい。


留め具を歯でかみちぎったときの、カチリとした金属の感触。

タテにぴーっと一筋に切れたら成功なのですが、ひとたびうまくいかないと、ぐるぐるまわそうがひっぱろうが、永遠に食べられないんじゃないかと絶望させられました。

肉は贅沢品だから、しかたなく魚で…という貧乏くささもなきにしも。


小腹がすいたらこれでも食っとけ、と投げつけられていたようなものが、いまや「特定保健用食品」っていうんだから、時代はかわるものですね。

保存料着色料なしで、カルシウムが豊富なんですって。

金属をぐりぐりと噛み切らなくてもよい、ナイスな仕組みも開発されています。


賞味期限が長く、1本食べきりサイズ、生でよし焼いてよし。

ひとりぐらしでねりもの好きの私に、うってつけすぎる!


我が家の冷蔵庫の野菜室には、いつ飲むかわからないピンクのシャンパンと、魚肉ソーセージの束が横たわっています。

魚肉ソーセージ業界のみなさん、私がすっかり忘れているあいだも、魚肉ソーセージをつくり続けてくれてありがとうございます。

これからもお世話になります。



  • - | - | - | - |

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.