2013.05.08 Wednesday 12:00

トキントキンのこと。

 性別や出身地などのプロフィールをまったく明かさず、


「山田です。」


とだけ自己紹介して作品を発表していたころのこと。



わたしのお話を読んでくださったという初対面の方に、


あいさつもそこそこに言われました。


「山田さん、愛知県出身ですか?」


「そ、そうですけど・・・なぜ?」


「お話のなかに “ トキントキン ” って言葉が出てきたので」


わたしはそこではじめて「トキントキン」が方言だという衝撃の事実を知ったのです。


トキントキンとは、鋭くとがった様子をあらわす言葉。


最上級は、トッキントッキン。


お話のなかでは、ホステスに生えているツノがトキントキン、だと表現されています。


知らずに本にまでしちゃいましたよ。


トキントキン…鉛筆の先がトキントキン…愛知県しか伝わらないんですね。


でも、トキントキンは、トキントキン。


トキントキンにかわる言葉なぞ、見つかりません。



先日、ふらりデパートを歩いていると、ぐっとくるワンピースに出会いました。


求め探し続けている「魔女の宅急便」のキキみたいな、ずぼっとかぶるだけの、柄も飾りもかわいげも何もない、ただのワンピース。


「ワンピースをおさがしですか?」


30歳くらいの男性の店員さんが声をかけてきました。


そうなんですよ。これは素材はなんですか?洗濯機で洗えますか?しわになりませんか?旅が多いものでねぇ。などと質問をぶつけていると、店員さんが得意げに言いました。


「旅先で洋服のしわを取る方法、知ってます? ホテルのお風呂場に吊るしてね、チンチンのお湯をはるんですよ。でね……」


ダウトぉぉぉ!


心のうちで叫びました。


「お兄さん、愛知県出身ですか?」


「ええっ、どうしてわかったんですか?」


「お湯がチンチンって・・・」


「ええっ!方言なんですか?」


そうなんですよ。ふふふ。ははは。


チンチンとは、けっしてヒワイな言葉ではなく、物体が熱いことをあらわす言葉。


最上級は、チンチコチン。



聞くとお兄さんは、岡崎市のご出身。


私のうまれた豊明市の、となりのとなりのとなり。


トキントキンの話もすると、またびっくり。


「えっ、方言なんですか!?」


そうなんですよ〜、でちゃいますよね、おくに。


なんて話をしながら、試着室に入りました。



ワンピースを着て、カバンをかけてみました。


その時持っていたのは、無地でかざりけのない、布でできたフタ付きの、大きめのショルダーバッグ。


それを見た岡崎のお兄さんは言いました。


「おや。ニシンのパイをお届けですか?」


気に入った!


わたしは気分良くワンピースを買って、家に帰ったのでした。



念願の、魔女みたいなへんなおばさんに近づいてきましたよ。


三河のくにより修行に出ております。


  • - | - | - | - |

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.