2013.07.08 Monday 13:20

こくらのこと。


北九州市の、小倉にいきました。

小倉は何度か訪れたことはありましたが、今回はじめて、駅前の商店街をのんびり歩きました。
なんとステキな町なのだ。
昭和の風情が残る、どころではなく、昭和そのまんま。
昔ながらの専門店がアーケードに軒を連ねています。

商店街を歩くにあたり、まずは喉をうるおそうと、通りすがりの立ち飲み屋に入りました。
まだ日のあるうちから、おじさんたちが一杯やってます。
やっぱりここは、ハイボール。
昭和ですもの、トリスです。
小腹もすいていたので、焼き鳥5本盛りを注文。
まぁスタンダードな、メジャーな5串がくるだろうという予想は、見事に裏切られました。





ウインナーとうずら卵のかわいらしさよ。
塩とタレをわけるキャベツがニクいです。
ここでもう、心をわしづかみにされました。

腹ごしらえがすみ、商店街をてくてく。
そこに、まさかの山田を発見。





『 ハンドバック専門店 ヤマダ屋 』

ピンポイトで攻めてます、山田。
残念ながら、シャッターはおりてました。
ほしかったなぁ、ヤマダのハンドバック。

きわめつけは、商店街のドンツキにある、旦過(たんか)市場。
小さな店舗が縦横無尽にぎっちぎちに詰まってます。
わたしの昭和に対するイメージは、東京オリンピック、大阪万博、サザエさん、といったところ。
ここの昭和っぷりは、そんななまやさしいもんじゃありません。
戦後、とか、闇市、という言葉がうかぶ世界。
実際には、大正時代にできた市場で、戦時中は閉ざされてしまったものの、終戦後に復活し、現在のような姿になったそうです。
平成も20年を越したというのに、よくぞまぁ、残してくれました。

小倉は、ディープな町でした。
ディープ小倉。
ムード歌謡の歌い手、ディープ小倉。
いそう、この町のどこかに。

また行きたいです、こくら。
  • - | - | - | - |

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.